FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

ファンダメタルズ分析とテクニカル分析の違いを知っておこう

相場分析に欠かせない、ファンダメタルズ分析とテクニカル分析の違いについて

 

投資を行う際には相場を分析してトレードを行う必要があります。とはいえ、投資を始めたばかりの方がいきなり相場を分析してトレードできるはずはありませんよね。

 

一般的に相場分析を行う方法として「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」が挙げられますが、まずは両者の違いを正確に把握しておくことがとても大切です。

 

そこで今回は相場分析には欠かせない「ファンダメタルズ分析、テクニカル分析」についてそれぞれの特徴を取り上げた上で、その違いを明らかにしていこうと思います。

 

 

まずはファンダメンタルズ分析ですが、この分析方法を一言で表すと「世界経済の諸条件」つまり経済成長率、貿易収支、インフレなど経済を変動させる要因を指します。

 

もしくは「経済指標や経済に関するニュースで為替相場が変動する」といった考え方に基づいてそ相場分析を行うということです。

 

つまり経済指標やニュースなど世界経済の諸条件を分析することで未来の相場を予測していくというものですね。

 

tcncfndt1

 

当然経済指標や経済ニュースを分析材料に使用しますので、普段から経済ニュース等をよく見ている方からすればFX初心者のうちからでも相場分析に使える情報を持っているといえます。

 

例えば「ある国の景気があまり良くないので通貨が売られる可能性が高い」などと考えることがファンダメンタルズ分析ということになりますので、言葉で説明すると若干難しいと感じる方も多いでしょうが日頃から何気なく実践している場合も多いんです。

 

 

それでは、今度はテクニカル分析について説明していきます。

 

 

テクニカル分析とはどのような分析方法なのか

 

テクニカル分析はファンダメンタルズ分析とは異なり、過去の為替レートの値動きを分析して未来の値動きを予測することで、一般的にはチャート上にインジケーターと呼ばれるテクニカル指標を使う、もしくはラインを引くなどの方法が考えられます。

 

 

ではテクニカル分析では主にどういったことを分析するのでしょうか。

 

一般的なテクニカル分析はというと先ほど挙げたインジケーターやラインを引いて「トレンドの傾向」「トレンドの強さ」「上昇や下降の転換点」「相場の変動幅」をそれぞれ導き出していきます。

 

その際に「人間の目で判断する場合」と「システムが自動で判断する場合」の2通りの方法があります。

 

 

まず1つ目の方法はインジケーターやラインなどを用いて分析し人間の目で判断するため、システムでは認識できない内容を読み取ることが可能になりますがあくまでも人の判断ですのでその日の精神状態や体調の影響を受けやすい、つまり判断の目安が一定ではないということです。

 

2つ目はシステムに基づいて分析を行う場合です。この場合は日によって誤差が出にくくブレが生じづらいメリットがある一方で、「相場が予想外の動きを見せた場合には対応できない」といったデメリットもあります。

 

 

FX初心者が一から裁量のスキルを身に付けようと思えば習得できるまでにはかなりの時間を要しますが、テクニカル分析のメリット・デメリット、そしてファンダメンタルズ分析も取り入れることで相場をより正確に分析していけるようになります。

 

 

テクニカル分析の弱点や盲点について

 

現在ではファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析を行う人の割合が多いと言われています。

 

それだけテクニカル分析が有益な相場分析方法だと考えられていますが、中には根拠がなく科学的に証明できないと否定する経済学者・金融工学者もいるとのことです。

 

 

そもそもテクニカル分析は非常に多くのトレーダーに行われているため、その分だけ多くのテクニカル分析パターンが存在します。

 

ですので仮に未来の相場を予測できていたとしても、確実に未来の相場を予測できる根拠とは言えない、つまりその分析方法が相場を予測するのに有効なのか全く未知数ということなんですね。

 

tcncfndt2

 

また数値を変更することで、これまで的確に相場を分析できていたような錯覚を起こす場合もあるため「テクニカル分析はあくまでも後付の相場分析方法だ」という具合に否定する人もいらっしゃいます。

 

 

テクニカル分析が過去の値動き・相場の展開から未来の相場を予測する方法ですので、為替相場が急変を起こして過去に起こったことがないような相場になってしまえば、場合によっては極端な値動きを示したり分析が全くアテにならない場合があります。

 

 

自動売買やシステムトレードの多くが短期間のうちにドローダウンを起こして使いものにならなくなるというのは、今説明したテクニカル分析だけしか採用されていないために起こる現象といえます。

 

テクニカル分析だけで確実に相場を見極められるわけではないので、テクニカル分析だけでなくファンダメンタルズ分析も用いて相場を判断することでより確実に状況把握ができるようになります。

 

 

こればかりは普段から意識的に実践していかなければ決して身に付かないので、これからFXを実践しようと考えている方はテクニカル分析はもちろんファンダメンタルズ分析も積極的に取り入れて相場を分析していくことをおすすめします。

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 
当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 
また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 
情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 
これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 
あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 
この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)