FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

1pipsっていくらなの?(1pipsあたりの計算方法)

pip(pips)とはどういう意味か?

 

pip(pips)は「Percentage In Point(s)」を省略した形で、為替レートの比較する単位としてよく用いられる言葉で(以降はpipsと記載させて頂きます)日本語に意訳すると「最小の通貨単位での1パーセント(つまり100分の1)」という意味になります。

 

率直に説明しますと“1pips=0,01円(1銭)”ということです。

 

 

ただ、通貨によって値が若干変わりますが、円が絡む場合は0,01円、それ以外の通貨ペアですと0,00001ドルと言う認識で十分です。

 

補足しておくと、FXには“ロット”という最小の取引単位が存在します。このロットに応じて1pipsがいくらになるかが決まるというわけですね。

 

 

どうやって計算するのか?

 

pipsの計算の仕方は、上記の事を参考にすると円の場合は「1円×100分の1=0,01円」で「0,01円=1銭」なので「1pips=1銭」という流れです。

 

ドルでしたら、ドルの下に「セント」という最小単位がありますので「1セント×100分の1=0,01セント」になるので「0,01セント=1pips」、つまり「1ドル=100セント」なので「1pips=0,00001ドル」というような計算の仕方をします。

 

 

なぜpipsと表記するのか?

 

「今月は○○pips利益が出た」「ストップロスを○○pipsに設定している」などという言葉が飛び交っていますが、意味を知らない人が聞いても何の事なのか全く見当が付きませんね。

 

そういう風に言い換えるのは、取引の成果を客観的に把握するためなんです。

 

 

例えば、「100万の儲けが出た」と言う人と「1万米ドルの儲けが出た」と言う人がいたとして、この時の為替レートが、1ドル=100円だとします。1万米ドルだと100万円です。そうなると儲け額は同じですね。ですが運用資金が違えば話は別です。

 

前者は1億円を運用して1pips =100万円、後者は50万円を運用して200pips=100万円の利益を出していたとしたら、後者の方が優秀なトレード実績を叩き出しているという事が分かります。

 

pipsを使う理由が少なからず理解出来たかと思います。

 

pipsという表現を用いる事で、実際の利益がいくらとは言わなくて済むので、自分の手法というか、手の内を明かさない工夫をしているんですね。

 

 

pipsは誤解を生まない為に必要不可欠な単位

 

商材で使われているとも説明しましたが、実際の金額を出しても評価に直結しない事から、利益率ないしはpipsを用います。

 

一般のトレーダー向けは投資資金が一定ではありません。10万円で投資するのか、100万~1,000万円で投資するのかでも利益と損失に大きな差が出ます。円で表記してしまうことで、元手が10万円での利益なのか、100万円以上での利益なのか見る側が勘違いしてしまいかねません。

 

そういった誤解を解消する意味でもpipsという単位が使用されているんですね。

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 
当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 
また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 
情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 
これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 
あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 
この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)