FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

負けないトレーダーになるための「メンタルコントロール術」

FXで重要とされる「メンタルコントロール」とは

 

FXに関わらず投資全般において、メンタルが最も重要だと言われていることは多くの方がご存じかと思います。

 

巷では「負けないトレーダーになりたければメンタルを磨け」というのが常套句になっていますが、普段からメンタルを意識したトレードができている方は非常に少ないのではないでしょうか。

 

ただこの「メンタル」という言葉、ほとんどのトレーダーの間では「メンタルを意識する=トレードルールを守る」と考える傾向が強く、結局のところ感覚でしか捉えていない方が多いこともまた事実です。

 

実際のところメンタルについて説明を求めたとしても、あくまでもイメージでしか捉えていないためきちんと言葉で説明できないという方が意外に多いのではないでしょうか?

 

 

多くの方がメンタルの重要性を100%理解せずに手法の良し悪しだけを求めるあまり、どんな手法を試しても負けてしまい結果的に「ノウハウコレクター」になってしまう…

 

そのような上辺だけのトレードをいつまで続けていても一向に勝てるようにはなりません。

 

そこで今回は、普段のトレードにおける「メンタルの重要性・関係性」そして「メンタルコントロールするためのコツ・ポイント」を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

mftlxctl1

 

 

それでは本題に入る前に、まずは投資とギャンブルの違いについてまとめていこうかと思います。

 

冒頭で述べたことと同様、普段から負け続けているトレーダーの中で「ギャンブルと投資の違い」を明確に説明できる方はほとんどいないのではないでしょうか。

 

結論から言ってしまえば「ギャンブルと投資の違いを完全に理解していれば勝てるようになる」ということ、つまり勝ち組トレーダーのほぼ全員が両者の違いを100%理解していると言っても大袈裟ではありません。

 

 

投資とギャンブルは全く違うことを理解しておくべし

 

そもそもギャンブルは予めルールが決められている、いわば「勝ち負けを自分以外の第3者が決めルールにより勝敗が決まる」と言えます。

 

一方投資(または相場)の世界では勝敗のルールは明確に決まっていません。

 

まぁバイナリーオプションの場合は直近の未来の価格を「HIGH or LOWで予測する」という明確なルールが存在するので除外するとして、それ以外の投資で勝ち負けを決めるルールが存在しないことはお分かりですよね?

 

「含み益」「含み損」という言葉をよく耳にするかと思いますが、投資ではこの含み益・含み損が相場を複雑にしているということをまず理解しておいてください。

 

 

含み益とは「現在発生している利益」を意味するので利益確定しなければ本当の利益とはならず、反対に含み損は「現在抱えている損失」を意味し、損切りやロスカットにならない限り口座からお金が出ていくことはありません。

 

つまり両者とも「確定しなければ資金の増減はない」ということですね。

 

そうなると「どこで利益確定(損切り)するか」を自分自身で決めなければならず、ここに心理的な問題つまり「希望的観測」が介入してくるというわけなのです。

 

今説明したことは結局のところメンタルコントロールと深く関係するので、ギャンブルと投資の違いを完全に理解しておくことが第一歩となります。

 

 

では、次に希望的観測についても解説していきましょう。

 

これまでにギャンブルで大きく勝った経験があれば誰しも当てはまることですが、負けたことよりも大きく勝ったときのことをよく覚えていませんか?

 

投資も同じで1回のトレードで大きく勝つことを覚えてしまうと、その時の成功体験が脳裏に強くインプットされます。

 

それがたまたま勝てた場合であれ、ルール通りにトレードを行って成功した場合であれ、大きく勝ったときの成功体験が頭にあるので必要以上にポジションを保有する傾向が強くなります。

 

これを一般的に「ポジポジ病」と呼び、自分に投資の才能があると勘違いし「ポジションを保有しなければ利益を逃してしまう」と考えてしまうのです。

 

mftlxctl2

 

ポジポジ病になってしまうと

 

「エントリーを見送るべきところでもエントリーしてしまう」
「含み益が出ている場合、より多くの利益を得たいとの考えから利益確定を遅らせる」
「含み損が出ている場合、自身の予測した方向に戻ると信じ込み損切りできない」
「負けトレードのあと、資金を増やして負債を取り戻そうとする」

 

などいつもと全く違うトレードを行ってしまうせいで、利益を得るどころか損失が膨らんでいくというわけです。

 

投資では「いかに損失を抑えられるか」が肝になってくるので、今挙げた希望的観測に任せたトレードを繰り返せば「損小利大」ではなく「損大利小」になってしまい、最終的に全損し相場から強制退場を余儀なくされてしまいます。

 

 

では、どうすればメンタルを上手にコントロールすることができるのでしょうか?

 

 

メンタルコントロールのコツやポイントは「意識を変える」こと

 

どれだけ損失を抑えられるかが投資の肝だと述べた通りで、投資(FX)では勝つことよりも「負けないトレードを増やす」ことで必然的に利益が生まれます。

 

負けないトレードを増やすためにトレーダーが徹底するべき事、それは…

 

①エントリー・決済の根拠を明確にする

②成功体験を忘れる

③自身で決めたトレードルールを繰り返し練習し、機械的なトレードを目指す

④手法の優位性を何度も検証する

 

以上の4点を日頃から意識して実践することで、自然と希望的観測の介入しない「メンタルコントロールのできたトレード」が可能になるわけです。

 

mftlxctl3

 

投資では勝率100%は絶対に有り得ないので、エントリー・決済の根拠を明確にすることにより負けトレードの場合でも損失を最小限に食い止めることができます。

 

そして過去の成功体験を忘れることで「投資が必ず勝てるわけではない」ことを再認識でき、機械的なトレードが実現できる足掛かりになります。

 

それに加えて自分自身で決めたトレードルールを何度も練習し検証することにより、希望的観測が入り込む余地をなくし淡々とトレードを繰り返すことができるようになるというわけです。

 

 

またFXにはレバレッジをかけられる仕組みがあり、少ない資金で大きなトレードができるメリットがある反面、損失を被った場合の額も大きくなるというデメリットがあります。

 

そのため慣れないうちから高いレバレッジをかけてトレードしてしまうと、負けてしまった場合に一気に大きな損失を被ってしまい、次のトレードで取り返そうとする希望的観測が強く働くようになってしまいます。

 

これでは負けないトレードを徹底できないので、初めのうちはレバレッジをかけずにトレードを繰り返し慣れてきた段階で徐々に上げていけば、メンタルコントロールに基づいたトレードが十分可能というわけですね。

 

 

このようにメンタルコントロールするためには、日頃から意識を変えるだけでメンタルを上手にコントロールでき、あなたにとって有利なトレード環境が構築されていきます。

 

 

以上のことから、感情任せのトレードだけでは「決して勝ち組トレーダーになれない」ことを常に肝に銘じておくことが大事だとお分かり頂けたかと思います。

 

それさえ徹底できれば負けないトレードを増やすことも十分可能なので、今後のトレードを有利に進めていくためにも実践できるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 

当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 

また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 

情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 

これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 

あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 

この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)