FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

脱初心者!? SQを理解しよう

先物取引やオプション取引において重要なSQとは

 

これから株式投資を始めたいと思っている方にお聞きしますが、皆さんは「SQ」という言葉を知っていますか?

 

SQとはSpecial Quotationの略称で日本語に直すと「特別清算指数」という意味になり、これは「株価指数先物・上場株価指数オプションの清算に使われる値」を表します。

 

SQについて知らなければ問題だというわけではありませんが、投資を行う上でのリスクを抑えるためにもこの機会に知っておくことをおすすめします。

 

 

そもそも先物取引やオプション取引では「決済期日」が設けられており、現物株式のように長期間保有することができない、つまり「期日までに反対売買を行わない場合」は強制的に反対売買される仕組みになっています。

 

結果的にSQを分かりやすく言い換えると「先物取引とオプション取引が決済される際の価格」ということになります。

 

 

その上で先物取引とオプション取引の決済期日は決められており

 

先物取引は「3、6、9、12月の第2金曜」

オプション取引は「毎月の第2金曜」

 

となっていることから、先物取引とオプション取引のSQが重なる3、6、9、12月の第2金曜を「メジャーSQ」、それ以外の月のSQを「マイナーSQ」と呼びます。

 

sqivstmt1

 

とはいえ、「自分は先物取引やオプション取引をやってないから覚えなくて良い」と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

ですが実際のところ、現在国内で最も取引されている株価指数は「日経平均」で225銘柄の株価から算出され、需給に伴って価格が変動するので短期的に見れば「実際の株価指数よりも割高(割安)になるという状況が生まれます。

 

このことから、投資に関わっている以上は全く無関係とは言えないので、一つの知識として身に付けておくべきだというわけですね。

 

 

なぜSQが現物株式に影響を及ぼすのか

 

SQが第2金曜に行われるので、それ以前の数日間は先物にポジションを調整するための売買を行う投資家が増える、つまり「価格が上下に振れやすい」ということです。

 

先物が上下に振れるのに伴い現物株も同じ動きをするという現象が起こり、特に水曜ぐらいには価格が激しく上下する傾向が強いとされています。

 

 

また、SQが近づくと日経平均が大きく変動しやすく相関性の高いドル円にもそれなりに影響が及びます。

 

しかしながら日経平均には「水曜と木曜は下落しやすく、金曜は上昇しやすい」特徴があるとはいえ、ドル円がそこまで急激な値動きをするとは限らないのでそこまで神経質になる必要はなさそうですね。

 

そして金融市場では、SQが発表される週の水曜日は相場が軟調になりやすいことから「魔の水曜日」と呼ばれたりもします。

 

sqivstmt2

 

ではSQが市場に大きな影響を与える原因ですが、これには「裁定取引」が最も大きいと言われています。

 

裁定取引とは「安い方を買い、高い方を売る」という価格の差を利用して利益を出す取引方法を指します。

 

ただ、裁定取引で出来上がったポジションは「割高もしくは割安が解消された時点で反対売買」しなければ利益が確定しないという問題があります。

 

そのため先物と現物株の価格が一致するSQでは裁定取引を最も簡単に実現できるというわけなのです。

 

 

その上で裁定取引で先物売り・現物買いのポジションを持っている場合は、SQ当日の朝に保有している現物株をまとめて成行きで売却すればよく、反対に先物買い・現物売りのポジションを持っていればショートポジションの分だけ成り行きで現物株を買い戻して貸し株を返済するだけで良いと言えます。

 

 

SQを知っておくことでどのようなメリットがあるのか

 

ではSQを知ることで投資家にはどのようなメリットが存在するのでしょうか。

 

メリットについて説明する前にまずはオプション取引の種類について知っておく必要がありますね。

 

 

まずオプション取引には「コールオプション」と呼ばれる「一定価格で買う権利」と、「プットオプション」と呼ばれる「一定価格で売る権利」があります。

 

そして「買う(売る)権利」の売買で「コール買い・コール売り・プット買い・プット売り」の取引が可能となっており、買う(売る)権利を料金を支払って「プレミアム」という権利を入手します。

 

 

また、オプション取引では「ATM(At the money)」「OTM(Out of the money)」という用語が用いられます。

 

ATMとはコール・オプション・プット・オプション共に権利行使価格(行使価格)が市場価格と等しい場合を指します。

 

一方のOTMとはコール・オプション(プット・オプション)において行使価格が市場価格を上回る(下回る)場合を意味します。

 

 

一般的にOTMは時間的価値なので、時間の経過と共に価格が徐々に低下していきます。それを利用して利益を出すのがオプションの売りのメリットと言えます。

 

またプット・オプションはコール・オプションと比べて高いプレミアムが付いているので、コールオプションの売りと比べて売りによる利益が高いのもメリットの一つです。

 

つまり「プレミアムが高くATMから離れているプット・オプションの売り」はとても魅力的だということですね。

 

sqivstmt3

 

結局のところ、オプション取引におけるコール・オプションやプット・オプションの意味を理解しておくことで、他の投資家よりも効率良く利益を得られるというわけです。

 

 

普段からFXをメインに実践している方にとってSQやプット・オプション、コール・オプションという用語は馴染みが薄いかも知れませんが、投資家を志す上では知っておかなくてはいけない基礎知識なのでこの機会に是非覚えて頂ければと思います。

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 

当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 

また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 

情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 

これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 

あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 

この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)