FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

FXトレーダーが悩む症状

FXを行っている多くのトレーダーが共通して陥りやすいメンタル的な症状があるのをご存知でしょうか。

 

そんな事を聞いて「自分は絶対掛からない自信があるし精神状態も安定しているし大丈夫」と高を括っている人は意外と多く、他人の事は見えるが意外と自分の事を見えているようで見えてないものです。

 

当然ですが人によって様々な癖があります。自分が写るものが目に入るとつい見てしまったり、瞬きの回数が以上に多かったり、貧乏ゆすりをしたり等々無意識にやっているので当の本人は気づいていませんが、それを見た他人が不快に感じる事も多々あります。

 

FXにおいても同じことが言えます。では、FXのトレーダがかかってしまう症状にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

FXトレーダーが、かかりやすい症状は?

 

トレーダーがかかる症状として多いものに

 

・ポジポジ病

・チャート依存症

・損大利小病(コツコツドカン病)

・イライラ病

・勝ち自慢病

・すぐ諦め病

・テクニカル依存病、論者病

・意固地病(頭が堅い)

 

などがあります。それぞれどういった症状なのでしょうか?

 

 

それぞれの症状について

 

代表的なものは皆さんもご存知とは思いますがポジポジ病です。ポジポジ病のポジというのはポジションを指しています。FX初心者に多く見られるもので、無駄にポジションを持ち過ぎてしまう事、もしくは常にポジションを持っていないと気が済まなくなる状態のことを指します。

 

確かにトレードをスタートしたてで、稼ぎたい気持ちが先行してしまうばかりにポジションを多く持ち過ぎて危険なトレードをしてしまいがちです。いくら回数をこなしたからと言ってそれが確実に勝ちに繋がるわけではありませんし損失が増えてしまえば、それを取り戻したくなる気持ちも分かります。

 

そこでも決して焦らずに、自分の決めたルールを守って機械的にトレードする事をお勧めします。ビギナーズラックを経験した人は比較的なりやすいのでより注意が必要というわけですね。

 

 

チャート依存病は、常にチャートを見ていないと不安になる症状で、1人でいる時や誰かと一緒にいる時でも、見ていない時にチャートの変動がないか常に心配で、スマホやPCに釘付けになるというものです。

1人でいる時ならまだしも、2人以上でいる時にやっていたら不快に思われますし、相手が異性ならそれだけで幻滅されてしまいます。

 

 

損大利小病は、コツコツ少額の利益を積み重ねていて勝率は高いが、1回の損失額が大きく、トータルでマイナスになってしまう症状です。

 

原因は利益確定が早いのに損切りが遅いからです。利益が少し出ただけで利益してしまいたくなったり、損失が出ても価格や画面を眺めるだけになってしまって損切りが出来ないといったものです。1回の損失額が大きいといくら勝つ回数が多くても意味がありません。

 

 

イライラ病は、常にトレードの事を考えてイライラしているせいか、いつも不機嫌になる症状です。神経質な性格でメンタル面に難アリな人に発症しやすいようですが、正直他人からしたらいい迷惑です。周囲の空気を乱すくらいなら独りで勝手にやってくれと思ってしまいますね。

 

 

勝ち自慢病は、勝ったトレードだけを周りに自慢したがる症状です。

 

負けた時の事は言わないのでこれもタチが悪いですね。酷い人だと一番利益が出た時の事を自慢し、常に勝っているような印象を与えようとします。これは過去にギャンブルに嵌っていた人やギャンブラー資質のある人に多いようです。

 

 

すぐ諦め病は自分の思い通りに事が進まないとどうでもよくなってしまい、適当なトレードしかしなくなり利益が出る時はあっても結果的に損失は大きくなります。こうなった人は、FX自体から足を洗った方が良さそうですね。時間の無駄にしか見えませんからね。

 

 

テクニカル依存病はテクニカルに依存し過ぎるあまり、ローソク自体が見えにくくなっている状態の事です。常に表示していなくてはいけない訳ではないので依存しすぎるのもどうかと思います。

 

 

テクニカル論者病は、テクニカルがあたかもFXの全てかのように語る人の症状で、自分の考えを人に押し付ける人の症状です。人それぞれトレードの手法は違いますから、押しつけがましいのは嫌がられます。

 

 

最後に挙げた意固地病ですが買い場だったら買いだけ、売り場なら売りだけ、といったように負けても意地になってその方法に拘り決して曲げません。

 

相場に柔軟に対応出来なくなるのは考えものですね。

 

 

処方箋は存在するのか?

 

さて色々な症状について挙げてみましたが、実際に治す薬はあるのでしょうか?

 

人から言われても、癖みたいなものなので治るのには時間が必要です。何よりも大切なのは自分にその症状はないのか?を自問自答してみる事ですね。

 

 

自分という1人の人間を、主観的ではなく客観的に見つめ直し、思い当たる節があれば意識して治す努力を怠らなければ、心身ともに健全なFXトレーダーに成長出来ることでしょう。

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 
当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 
また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 
情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 
これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 
あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 
この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)