FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

相場ゼミ 2期を検証レビュー

5,000人の参加者を出した、相場師朗の相場ゼミが再び募集を再開

 

今回検証レビューを行うのは、株式会社カーロットから発行されている「相場ゼミ 2期」で、現役プロトレーダーの相場師朗氏が講師を務める「相場ゼミ」の2期募集となっています。

 

当ブログでは相場師朗氏のオファーを一度も検証していませんが、株式投資業界では「知る人ぞ知る人物」なのでほとんどの方が彼を知っているのではないでしょうか。

 

相場ゼミの1期生募集の際には多数の参加希望者が出たということで、2期目となる今回も既に多くの方が参加を決断しているようですね。

 

twsmnabsr1

 

 

それではまず、相場ゼミ 2期のオファー概要についてレビューします。

 

相場ゼミ 2期では、3ヶ月のスクール期間中に相場師朗氏が現在も継続実践している手法を徹底的に学べる

マニュアルで学べる以外に、計6回開催されるリアルセミナーに無料で参加でき、参加できなくてもノーカット録画版を閲覧できる

徹底したサポート体制が準備されており、株式投資初心者でもすぐに結果を出せる環境が整っている

 

 

相場ゼミ 2期では1期目と同じくオンラインでの配信に加えて、東京と大阪の2都市でリアルセミナーが開催されるとのことです。

 

しかもセミナー参加費は受講料に含まれているので、「実質無料」で参加可能となっている点は嬉しいですね。

 

というのも相場師朗氏が講師を務めるセミナーには毎回大勢の参加希望者が続出し、1回あたりの参加費もそれなりに高額だからです。

 

 

巷の投資スクールではオンライン上でマニュアルだけが配布される場合が多い中、本物のトレーダーである相場師朗氏と対面できる機会は参加者にとって魅力的なことは間違いありません。

 

 

それでは相場師朗氏の実践している手法を検証レビューしていきたいと思います。

 

 

相場ゼミ 2期 公式オファーページはこちら
 

相場ゼミ 2期で学べる「うねり取り」を検証レビュー

 

相場ゼミ 2期で学べるのは「うねり取り」と呼ばれる、古くは江戸時代から用いられている非常に長い歴史のある手法です。

 

日頃から株式投資を実践している方ならご存じかも知れませんが、株価の動きには「三月またがり六十日」という、およそ3ヶ月周期で上下動を繰り返す習性があります。

 

その上でうねり取りとは、どれか1つの銘柄だけに限定して、株価の一連の動きを確認し「買いもしくは空売り」で淡々とトレードを繰り返していく手法を意味します。

 

株式投資において1つの銘柄に限定することを「固有銘柄」と称し、固有銘柄でトレードを繰り返すうちに銘柄特有の株価の動きやクセを見極められるようになるわけです。

 

 

一般的にプロトレーダーの多くが得意な銘柄を持っており固有銘柄でトレードしますが、その中でも相場師朗氏は30年間に渡って固有銘柄のみでトレードを繰り返していたため、それなりに検証を繰り返していると考えるのが妥当です。

 

つまり、相場師朗氏はうねり取りに関して他のトレーダーを圧倒的に凌ぐ相場観とスキルを持っている可能性が極めて高いと言えます。

 

 

また、相場師朗氏のうねり取りには上記の方法に加えてオリジナルの建玉操作である「分割売買」を用いて更に効率良く運用できるとのことです。

 

分割売買とは買いもしくは空売りを入れる際に1回ではなく複数回に分けて行う手法を指します。

 

 

では分割売買にはどんなメリットがあるのか、合わせて検証レビューしていきます。

 

分割売買を行うには常に相場を観察しながら適切なタイミングで買い増していくため、一定のリスクを保つことが可能になるので結果的にリスクを最小限に抑えながら利益を最大化できる「損小利大」を実現できると言えます。

 

言ってしまえば、相場師朗氏の得意とするうねり取りを学ぶことにより株式投資でより多くの利益を得るためのノウハウを習得できると言っても過言ではないということです。

 

 

では、相場ゼミ 2期で講師を務める相場師師朗氏とはどのような人物なのでしょうか。

 

 

相場ゼミ 2期には参加するだけの価値があるのか検証レビュー

 

現在彼は証券会社の主催するセミナーを始めとしてラジオでもレギュラー番組を持ち、巷のオンラインスクールの講師とは違いリアルの場でも自身の手法を公開しています。

 

オンラインスクールの講師の多くが経歴を偽っているケースが多い中で、相場師朗氏は約30年間株式投資でうねり取りを実践し続けてきたと明言しています。

 

しかもネット上には相場師朗氏に関する情報がいくつも出回っているので、彼が本物の経歴を掲げていることは明白です。

 

twsmnabsr2

 

まぁ講師の経歴や手法の再現性・優位性の高さを考えると相場ゼミ 2期に参加しない理由が見当たらないのは間違いありません。

 

 

しかしながら、先ほど挙げたオファー概要をもう一度見てみてください。相場ゼミ 2期では東京と大阪で計6回のセミナーが開催されることになっています。

 

前回の相場ゼミの参加者の中には地方に住んでいる方もいたわけですが、リアルセミナーに参加するためにわざわざ出向いたという意見もチラホラ見かけます。

 

今では交通の便が発達しており地方からでも数時間程度で都心部に出てくることは可能ですが、その度に数万円の旅費や宿泊費を捻出しなければいけません。

 

それが計6回ともなれば、往復の費用だけでもかなりの額になります。

 

twsmnabsr3

 

実際相場ゼミに参加した方からは「せっかく受講料を払ったわけだし一生もののスキルを習得できると思い、意地になって全部のセミナーに参加した」とのコミもありました。

 

まぁそれだけ意気込みが強い方であれば良いでしょうが、2期生として参加する地方在住者全員が往復費用を捻出したりセミナーに参加できるだけの金銭的な余裕、時間的な余裕があるでしょうか?

 

参加者の中には本業をこなしながら副業で実践する方が多いはずなので、費用を賄えても時間を確保するのは簡単ではないという方も多いはずです。

 

そう考えると、都心部在住の実践者と地方在住者では受けられる講義内容に大きな差が生じてしまうことは否定できませんね。

 

 

かといって、地方在住者が相場ゼミ 2期に参加すべきでないとは言っていません。地方在住者であっても問題なく参加できる方だっています。

 

そういう方でなおかつ相場師朗氏のうねり取りを本格的にマスターしたいのであれば、相場ゼミ 2期に参加するだけの価値はあるでしょう。

 

ですから現在、相場ゼミ 2期へ参加を検討されている方はご自身の環境やセミナーのスケジュール、セミナーへ参加するための交通費や宿泊費などを考慮した上で“同じ参加費用で損をするかしないか”を良く考えた上で決断されるのが良いかと思います。

 

 

今回は株式会社カーロットより発行されている相場ゼミ 2期を検証レビューしてきました。

 

今回も参加希望者が続出すると思われますが、決して勢いだけで参加せずに「参加して自分にデメリットはないのか」をよく考えるのがベターですね。

 

 

相場ゼミ 2期 公式オファーページはこちら

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 

当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 

また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 

情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 

これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 

あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 

この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)