FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

億千万バイナリーを検証レビュー

億千万バイナリーを検証レビュー

 

本日検証レビューを行うのは日本投資家育成機構、億千万バイナリーです。

 

億千万バイナリーは前回検証を行ったGlobal Dream FX(グローバル・ドリームFX)より、少し前に販売された日本投資家育成機構の新作ですが、検証のタイミングがなく本日の記事を更新させて頂きました。

 

Global Dream FX(グローバル・ドリームFX)は「2本のローソク足」からトレンドを判断するFXプライスアクション手法ですが、億千万バイナリーも同様にローソク足のパターン分析からトレンドを予測していきます。

 

 

億千万バイナリー、オファーページでは『わずか1ヶ月、スマホ片手に973万円稼ぎ出した』などと謳われており、勝率は平均して70%~80%を実現しているそうです。

 

上がるか下がるかを予測するだけという単純さからバイナリーオプションは“丁半バクチ”ともいわれています。

 

二者択一の勝負ですから、適当にエントリーしたとしても勝率は5割となるわけですが、取引手数料などを加味すると60%以上の勝率をキープできなければバイナリーオプションで資産を増やし続けることはできません。

 

またバイナリーオプションの多くは短期決済取引ですので、チャートに規則性を見出すのが難しく、相場のノイズから先の動きを予測しなければならないため、ギャンブルと比喩されることもあります。

 

 

そんなバイナリーオプションにおいて、平均勝率70%~80%を実現できるのが億千万バイナリーの手法ということです。

 

 

億千万バイナリー 公式オファーページはこちら

 

 

億千万バイナリーのロジックを検証

 

億千万バイナリーのトレードルールはとにかく単純。

 

トレンドが発生し、「ある法則」に当てはまっていることを確認したらトレンドラインを引き、トレンドライン突き抜けで仕掛けていきます。

 

つまりベースとなるロジックはトレンドの転換ポイントを狙ったブレイクアウト手法です。

 

こちらの動画で実際のトレードの様子が確認できます。

 

 

このようにラインブレイク後にトレンドがしっかりと転換していることが確認できますね。

 

そしてこの手法の肝である「ある法則」というのは、講師である佐藤光氏が発見したという「ロウソク足波動論」というプライスアクション理論です。

 

佐藤光氏曰く、「ローソク足波動論」とはローソク足の陽線、陰線は時間の経過と共にに均一化(同じ数になる)するというもので、陽線と陰線の比率は必ず「5対5」になるというオリジナルのチャート分析方法です。

 

 

例えば現在、陽線が6本出ていて陰線が3本というアップトレンドが形成されている場合は、必ず陽線が3本出ていて陰線が6本というダウントレンドが形成されるという考え方です。

 

このチャートの性質(?)を利用することでことで、トレンドの転換ポイントを的確にとらえることができるというのが億千万バイナリーのロジックの根幹です。

 

 

また執行時間足は5分足が推奨されており、推奨通貨ペアはドル円、オージー円、ニュージー円、ユーロ円、ポンド円、スイスフラン円、カナダ円、ユーロドル、ポンドドル、
オージードル、ニュージードル、ドルカナダ、ユーロポンド、ユーロオージー、ポンドオージー、オージーニュージーの16通貨ペアとのこと。

 

1通貨ペアあたりのエントリーチャンスは1日50回以上ということですから、16通貨ペア全てを監視すれば1日800回以上のチャンスに恵まれることになります。

 

 

億千万バイナリーで勝率70%~80%を実現することができるのか?

 

ローソク足の陽線、陰線は時間の経過と共にに均一化するという、佐藤光氏のオリジナル理論「ローソク足波動論」を利用すればバイナリーオプションで勝率70%~80%という高勝率を実現し続けることができるのでしょうか?

 

残念ながら現時点ではその根拠はどこにもないと考えざるを得ません。

 

まず冒頭でもお話しましたが短期足の場合はチャートに規則性を見出すのが難しく、短期足のローソク足は相場のノイズと捉えられます。

 

言うまでもなく規則性のないノイズにおいて“法則”が存在するとは考えにくいですし、その法則に優位性があると考えるのはあまり現実的ではありません。

 

ローソク足のパターンからトレンドを判断していきますから、億千万バイナリーもプライスアクションの一種ですし、そう考えた場合どうしてもプライスアクションとしての優位性を見出すことができません。

 

短期足プライスアクションの優位性の有無については、Global Dream FX(グローバル・ドリームFX)の検証時にも触れています。

 

 

 

長期足も監視しマルチタイムフレーム分析を加えることで、ある程度パターン分析の精度を高めることができるとは思いますが、億千万バイナリーではマルチタイムフレームについて一切語られていないため、佐藤光氏がこの辺をどう考えているかは不明です。

 

 

加えてオファーページでは、佐藤光氏が本当にこの手法で月収973万円を稼いでいるという証拠は非公開とされています。

 

億千万バイナリー

 

億千万バイナリー

 

 

 

オファーページで公開されているのはリアルな実績データではなく、テキストで作成されたお手製の収益結果のみ。

 

つまり『1ヶ月973万円稼ぎ出した』『勝率70%~80%を実現』という実績は、単なる自主申告に過ぎないということです。

 

 

せめて信ぴょう性の高い実績データを公開してくれれば、購入して検証という流れも考えていましたが、
現時点で「ローソク足波動論」の優位性は不透明ですからあまり大きな期待はしないほうがいいでしょうね。

 

億千万バイナリー 公式オファーページはこちら

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 

当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 

また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 

情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 

これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 

あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 

この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)