FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

山崎毅の千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーを検証レビュー

現役ファンドマネージャーの手掛けるFX手法とは

 

今回検証を行う千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーは、これまで何度か募集を繰り返しているFXスクールです。

 

今年に入って第3期の募集ということで参加者を募っているようなので今回取り上げてみることにしました。

 

 

いつものようにまずはオファーの内容から整理してみたいと思います。

 

千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーの講師を務めるのは「元さわかみ投信」で3,000億円の運用に携わった現役ファンドマネージャー山崎毅氏の手法を参加者全員に指導してくれるというものです。

 

どうやら山崎毅氏の「千里眼ロジック」と「千里眼ツール」を使用することで自動で利益確定ポイントが割り出され、裁量なのに裁量不要でトレードができてしまうという、なんとも不思議な内容となっています。

 

山崎毅氏は1日2分のトレードを行うだけで毎月450万円の利益を上げているそうですが、彼の手法を3ヶ月間のスクールでマスターすることを目的としてオファーを公開し参加者を募っているということですね。

 

 

山崎毅氏の経歴に関してはオファーページにも紹介がある通り、日本初の独立系投資信託会社である「さわかみ投信」に在籍し、およそ2,000~3,000億円の資産運用に従事しつつ、2009年にさわかみ投信を独立し専業トレーダーとしての道を歩き始めたそうです。

 

独立を果たした1年後の2010年から「バックパッカートレーダーズ」プロジェクトを敢行し、自身のトレードスキルだけで生活費や旅費を稼ぎながら計38ヶ国を訪問しながら遂に世界一周を達成したということです。

 

1

 

 

こういった部分に魅力を感じる人もいるかもしれませんが、個人的には販売者の贅沢自慢をオファーページでひけらかす投資情報商材はあまり好きではありません…。苦笑

 

だって手法とは何の関係もありませんからね。

 

 

山崎毅氏は現在、数十億の資金を運用するヘッジファンドや海外証券会社、年金、プライベートバンキング等との委託運用顧問、そして9つの海外ファンドの最高運用責任者兼ファンドマネ―ジャーを務めているという、かなり輝かしい経歴を持っていると謳っています。

 

それ以外にも、「FX攻略.com」などのビジネス専門雑誌でで多数の執筆も手掛けているそうで、オファーページには掲載された雑誌が公開されています。

 

2

 

 

一見するとこんな素晴らしい経歴を持った方に直接FXのノウハウを指導してもらえるなんて滅多にないと思ってしまうかもしれませんが、それは山崎毅氏の経歴が全て真実だという証拠が提示されていて素性が100%明らかになっているという前提でやっと信用できる話です。

 

ヘッジファンドや委託運用顧問などの肩書きを証明できる証拠がなければ結局のところ言ったもん勝ちですし、謳われている文言を100%鵜呑みにして参加するというのはいささか考えものですね。

 

 

千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミー 公式オファーページはこちら

 

 

千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーのトレードルールやツールの特徴

 

では、千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーで学ぶことのできるトレードルールや千里眼ツールにはどういった特徴があるのか見ていきましょう。

 

まずトレードルールについてですが、千里眼FXは千里眼ツールを用いてトレードを行うシステムトレードへ、裁量の要素も取り入れた半裁量トレード手法となっています。裁量不要とも謳われているので、ほとんどシステムトレードの要素が強いということでしょう。

 

その際、買い(売り)で入れば良いのかといった指標となる6つのサイクルを可視化して相場状況を分析できる千里眼ツールを用いるため、買い(売り)が一目で分かりエントリー判断ができるといことで、山崎毅氏と同じように勝つてると謳われています。

 

オファーページにはチャート画像が公開されていますがはっきり言ってごちゃごちゃしていて、個人的にはどうも見にくくて仕方ありません。苦笑

 

3

 

 

とはいえ、山崎毅氏から言わせれば千里眼ツールを用いることで相場状況を的確に把握でき自動でサインが表示されるため、数字だけを確認して表示されるエントリーポイントで売買を行うだけで良いとのことです。

 

ちなみに自動で出されるサインは全6種類存在し

 

サイン①:強い上昇、天井形成時

サイン②:ピークアウト・下落揉み合い時

サイン③:下落トレンド時

サイン④:強い下落・底値を形成時

サイン⑤:底打ち・上昇揉み合い

サイン⑥:上昇トレンド中

 

となっています。

 

そして、千里眼ツールを使って3つの簡単な作業をこなすだけで誰でも山崎毅氏と同じ手法を実践することができるというのがこの手法の大きな特徴となっています。

 

3つの簡単な作業は

 

作業①:千里眼FXのチャートを開き、日足と4時間足で6種類のサインをチェックする

作業②:1時間足チャートで決められたエントリー条件を満たせばエントリーを行う

作業③:ストップロスとリミットを設定する

 

たったこれだけですので、非常に簡単に実践できることは間違いなさそうです。

 

しかも千里眼ツールはWindowsでもMacでも使用可能でエントリーポイント時にメールで知らせてくれるため使い勝手は良さそうです。

 

 

しっかりツールを使いこなせることができれば、ほぼ裁量いらずで月利10~20%を狙えるというわけですが(これが実現できればとんでもない手法です…)、オファーページにはフォワード実績が一切公開されていないため千里眼ツールがどの程度の優位性を秘めているのか全く判断できませんね。

 

 

結局、千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーには参加すべきなのか

 

千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーは3ヶ月のスクール形式となっていますが、千里眼FXツールが提供され、ツールに従ったトレードがメインなのであればわざわざスクールにする意味が分かりませんね。

 

それこそ巷には数万円でシステムツールを提供してくれる販売者が数多くいますから、千里眼FXツールの方が巷に出回っているツールよりも優れているのであれば初めにオファーページの段階でしっかり証明してほしいですし、それが証明されていないのに20万円以上出してまでスクールに入る意味がないのではと思ってしまいます。

 

 

先ほども述べた通り、山崎毅氏はツールに従ってトレードするだけで月利10~20%を狙えるとのことですが、それを証明できるだけの明確なドワード実績も開示されていないため、ツールの再現性や優位性を明確に判断でいないというのはかなり痛いです。

 

山崎毅氏が輝かしい経歴を持っていることに関しても、明確な証拠が少ないということもあり、オファーページに謳われている経歴を100%鵜呑みにして参加するというのはあまりおすすめできません。

 

 

結局のところ、千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーに参加すべきかどうかについては今のところ何とも言えないのですが、経歴や謳われている数字だけを見て勢いで参加しないほうが良さそうだと思っています。

 

千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミーについては比較的注目している方が多いようですから、また何か動きがあったら取り上げてみたいと思います。

 

 

千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミー 公式オファーページはこちら

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 
当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 
また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 
情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 
これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 
あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 
この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)