FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

偽情報、悪質業者、詐欺案件、被害報告など..共有すべき情報は今すぐ掲示板に書き込んでください。 現役トレーダーでもある管理人がFX情報商材に関するヨソでは聞けない話を暴露するブログ。

FXで得た所得は税務署に申告が必要か?

 

FXの所得は雑所得として申告が必要ですが、金額に次第で申告が不要な場合もあります。

 

まず株式の値上がり益はキャピタルゲイン課税といって利益の10%が申告分離課税扱いになります。ただ、これは特例による低減税率ですから2009年1月からは20%の申告分離課税が適用されています。

 

また外貨預金の場合利子に対しては20%の申告分離課税、為替差益は雑所得として総合課税となります。

 

 

これに対して、FX取引で得た利子(スワップ金利)と為替差益については雑所得扱いになり、1月1日から12月31日までの取引で確定した利益(含み益は計算しません)に対して、給与所得などを加えた所得が総合課税されます。

 

ただ雑所得の場合、条件によっては申告する必要がないことこともありあす。年収2000万円以下の給与所得者で、たとえば講演料や原稿料など給与以外にFXの収益を合わせた金額が年間20万以下の場合は確定申告する必要がありません。

 

確定申告には経費がみとめられる

 

また、取引にかかったコストを雑所得から差し引く事もできます。つまり必要経費が認められるのです。 例えば、取引にかかった売買手数料や筆記用具などの消耗品、電話代やプロバイダ料金、新聞代や関連書籍費、そしてパソコン購入費などがこれに該当します。

 

FX取引をするためにパソコン(10万円以下20万円未満)が必要ということで購入すれば、その3分の1ずつを3年間にわたり必要経費として所得から差し引く事ができます。

 

ただし、これらの必要経費を税務署に認めてもらうにはそれをするための書類が必要になります。パソコンや消耗品など購入した場合であれば、その際に領収書を必ずとっておきましょう。

 

FXの税金はいつ払う?

 

その年の1月1日から12月31日までを期間として、税金を計算します。その額を翌年の2月16日~3月15日までに確定申告して納付します。

 

尚、確定進行の期間はその年によって多少の前後があるのでしっかり確認しましょう。

 

 

ヨソでは聞けない暴露ブログ 検証商材評価

 

 

 

各種お問い合わせ受付中

 

 
当ブログでは各種投資商材に関する検証依頼及びご購入相談を受け付けています。

 
また各投資商材に関する口コミや感想、ネタバレ情報も募集させて頂いています。

 
情報提供主様より当ブログへ寄せられた貴重な情報は、検証レビュー上で他の読者様へもシェアさせて頂きたいと考えています。
(※もちろん情報提供主様より了承を得たもの限定です)

 
これ以上悪質な詐欺商材の被害者を増やさないためにも皆が力を合わせ、健全な情報だけをシェアできる場を作っていきたいと思っています。

 
あなたが提供してくれた情報によって他の方が詐欺被害にあってしまうことを未然に防ぐキッカケになるかもしれません。

 
この業界の現状を変えたいという正義感溢れる読者様からのご連絡をお待ちしています。

 

 

関連記事

ヨソでは聞けない暴露掲示板

裏メルマガ会員登録(無料)